キャッチ行為が引っ掛かる法律違反

スポンサードリンク

キャッチ行為が引っ掛かる法律違反キャッチ行為ホストにとっては「努力」と捉えられることが多いですが、

一般人にとっては「迷惑」と捉えられることのほうが多いです。

覚えておくべき法律はおおまかに言えば3つ

1、風適法違反。
2、迷惑防止条例違反。
3、道路交通法違反。

1の風適法違反は風・営業の許可が降りてるお店の勧誘を禁止してるという意味です。

ホストは風・営業としての許可が降りないと営業できない為、

許可の降りてるお店勧誘は禁止されいています。

「ホストって風・営業じゃなくない?」と思う方もいると思いますが、

法律上でホストは風・営業と位置付けられています。

2の迷惑防止条例違反は、

ナンパやつきまといのような、

通行人の迷惑になる行為です。
これは業務に関係ない一般的なナンパで注意を受けることが多いです。

場所によって緩いところもあれば、厳しいところもあります。

新宿の歌舞伎は厳しいほうだと思います。

3の道路交通法違反は、

交通の邪魔になる行為です。

歩いてる人間の目の前に立ち止まり、

完全に足を止めるような行為。

車や自転車が来てるの道を譲らないで交通を乱すような行為です。

よく新宿で車がグルグル巡回してるのを見かけますが、

あれは交通法違反をしてないかの確認する為だと思われます。

ホストのみなさん、ルールを守って仕事しましょう!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です