エセ関西人とホストは楽な仕事だと思われがちな理由

スポンサードリンク

エセ関西人とホストは楽な仕事だと思われがちな理由歌舞伎には関西弁を喋るホストが多いです。ほとんどのホストが実際関西出身の方ですが、中には関東出身にもかかわらず関西弁を喋るホストがいます。

関西弁で喋ってなんかいいことあるのか?簡単に利点をまとめます。

1、ワイワイ系はノリが楽。
2、初回のお客さんにタメ口をきく流れが自然。

要は自分の営業やキャラによって、関西弁のほうが自分のペースに
持っていきやすいからだと思います。\これは本当に関西出身のお客さんや従業員には簡単に見破られるので、あまりオススメはしません。

「ホスト早く上がりたいなー」という声もあれば「毎日が楽しくて仕方ない」って声もあります。ホストは楽な仕事というイメージがありますが、実際はどんな感じなんでしょう?

「ホストって楽でいいよね」と言われたホストがカチンときて口論するパターンは今まで何回も見てきました。楽して稼げる人はいないと思います。いてもどこかで頑張ってきた人、よほど運の強い人だと思います。

よく「キャバとホストならどっちが楽か?」みたいな比較がされますが、どっちも楽なわけないですよ。イージーって意味ではなく、シンプルって意味では楽だと思いますが。(それはどんな職業でも同じ)

ホストやキャバ嬢は「仕事大変ですか?」と聞かれ場合、「そんなことないです」と答えるべき場面の方が多いです。「いやー、仕事大変ですよー」と答えたら誰かしらに失礼になることがありますからね。そこから誤解してる人も多いんじゃないんでしょうか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です