ホストとホスト狂いの需要と供給は?やっぱりイケメンホストが人気。

スポンサードリンク

ホストとホスト狂いの需要と供給は?やっぱりイケメンホストが人気。「ホストは顔じゃない」「ホストはトークだ」「ホストは豆さだ」
こんな言葉を聞いたことがある人は多いだろう。

イケメンホスト

しかし、実際の現場の売れてるホストを覗いてみると、
どうしてもイケメンホストの方が売れてる比率が高い。

2000年代の昔や、2006年頃のホスト全盛期であれば、
イケメンでもないホストがナンバーワンであることは多かったが、
今の時代はそんなこともないのだ。

昔はメディアでホストが取り上げられることが多く、
お水関係の仕事とは無縁の、普通の女の子がホストに遊びに行くことが多かったし、
実際のお嬢様や、健全なお金持ちの女性がホストにハマることが多かった。

しかし、現在では「ホスト狂い」という、
寂しがり屋でホスト遊びに慣れてる女性が、
いろんなホストクラブで、いろんな担当(指名ホストのこと)を、
無駄なく贅沢に転々としてることが多いのだ。

スポンサードリンク

そのホスト狂いのホストを見極める目は、
どうしても「外見」であり、加えて自分への恩恵(寝てくれたり、かまってくれたり)で、
イケメンでないホストが売れることが難しくなってきてる。

そのホスト狂いと言われる人の職業もだいたい偏っており、
掛け飲みにしたがり、あっちこっちで掛け飛びをしてたり、
ホスト的にリスクを伴う遊び方をしてる場合が多い。

どこのグループもイケメンを揃えたがるのは当たり前だが、
整形を希望するホストも増え、売れてないホストは、
お店に整形代を立て替えてもらい整形し、
整形代を返しきるまで、ずっとお店に縛られるケースも多い。

お客さんだけでなく、運命側も「イケメン」というワードに依存しており、
大きなグループになればなるほど、イケメンの比率は増えていってる。

今、冬月・エアー・シンス・ダンディーのグループ年間ランキング上位のホストを覗けば、
その「イケメンホスト」の重要性は理解できるだろう。

イケメンなのに話せない「置物ホスト」というホストも増えてきており、
外見だけに依存してしまうのもよくない。
DE日記のホスト狂いの初回報告を見ていても、
話せなさすぎるホストへの苦言は多い。
なので、ただイケメンなだけでも当然ダメなのだ。

今のホストで売れるには、
昔ほどトークは必要ないが、
イケメンでなくてはいけない。

この先ホスト狂いと言われる人も減っていくだろうし、
その目視される部分はもっと厳しくなっていくはず。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です