極悪ホストにブチ切れした北斗晶とホストたちのその後

スポンサードリンク

極悪ホストにブチ切れした北斗晶とホストたちのその後北斗晶といえばテレビでおなじみ、
元プロレスラーで「鬼嫁」と呼ばれる方。

北斗晶ブチ切れ極悪ホストその後

旦那さんもプロレスラーで、
日本有数に有名レスラーの佐々木健介さん。

子育てにも奮闘し、旦那さんを支え、
何もかもを完璧にこなす主婦ぶりと、
共演者に対しての優しい接し方が好感度高い。

そんな北斗晶さんが、
テレビで共演したホストに、
ブチ切れした動画が人気となっている。

ホストと女子プロレスラーといえば、
絶対的に相性の悪い関係に思えるが、
そのキャスティングが、番組を荒らしてしまった。

筑波ホスト対北斗晶の対決の詳細と、
その極悪ホストたちのその後について書いてみる。

スポンサードリンク

北斗晶が極悪ホストにブチ切れした理由と、その後。

北斗晶さんと極悪ホストが共演した番組名は「怒りオヤジ3」です。

番組の頭で、女を金だの、駒だの語るホストたちに、
北斗晶さんが後半でブチ切れします。

ホストのヘアメイクが気に入らない北斗晶さんは、
「こっちのほうがかわいいよ」と髪の毛をくしゃくしゃにし、
挙げ句の果てには、髪を持参したヘアゴムでとめていました。

白スーツのホストが、
「本当は寂しんでしょ?」と、
ホストークで自分のペースに持ち込もうとしても、
「あたしは一人になったことがないんだよ」と、
自分のペースを守り抜きました。

さらには両端に挟まれて座ったホストの髪を掴み、
「こういう客がいたらどうするんだ?」と晶さんが聞くと、
ホストは「出禁ですね」と発言。

もうカオス状態って感じでしたね・・・。

髪を掴まれた、もう一人のホストは、
「いてぇんだけど?」と晶さんにメンチを切っていました。
そのホストに対して、晶さんはずっと、
「お前は一流じゃねぇ」
「思っていても女が金なんて言うな」と説教。

北斗晶さんはホストという職業がどうではなく、
そのホストとしての姿勢に対して怒りを表していました。

「毎日働いて」と皆勤をアピールするホストに対して、
北斗晶さんは「そんなの当たり前なんだよ!」と返し、
言葉使いから、何まで、徹底的に突っ込んでいました。
「お前らみたいのがいるから、悪くなっていくんだ」と、
若いホストの教育について、真剣に説教。

個人的に、北斗晶さんが一番に怒りを表したと思うのが、
晶さんが「一回死にかけてんだ」と、命をかけて仕事してることを語ろうとしたときに、白スーツのホストが「僕も一緒です。」「お酒でドクターストップかかっても飲み続けて」と言いかけたときに、「一緒にすんな!」と大激怒。

非常に怖かったです・・・笑

その後、また同じ番組で再会を誓い、
ひとりのホストは晶さんに、
「一流になるから待っててください」と約束。

北斗晶さんは、番組の最後に、
そこまで怒ってなかったと、
意外にホストの噛みつきが弱かったことに、
手応えが足りない感じでした。
(さすが女子プロ!笑)

番組で再会を誓った極悪ホストたちのその後が気になりますが、
まだ、同じ番組で再共演にはいたっていないみたいです。

極悪ホストたちは筑波のホストたちで、
晶さんは「新宿に行け」「一流を知らねぇ」と言っていたので、
もしかしたら、歌舞伎のホストの目視ぐらいはしてるでしょう。

その後の極悪ホストたちの成長を見守りたいですね。
ただ、ホスト側からすれば、バラエディの空気で、
あえて、悪く演じていたでしょうね。

白スーツの幹部のような方が、
何か、不満というよりも、
「なにこれ?」という表情だったのが印象的です。

番組に挑む気持ちが、
北斗晶さんと、極悪ホスト役のホスト3人で、
食い違ってしまった点もあったことでしょう。

だって、仮にホストたちが、
「いえいえ、お客さん(女性)がいての僕らの生活があって、彼女たちの幸せが最優先です。」
みたいな発言したところで、番組はつまらないですもんね。

実は全員正義だったのかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です