売り上げ0のホストの給料

スポンサードリンク

売り上げ0のホストの給料ホストを始めるとき、誰もが最初に気になることだと思います。

「もし給料がなかったらどうしよう?」なんて考える人もいると思います。すぐにお客さん掴める自信のない子も多いと思いますし、しっかり知っといたほうがいいですよね。

まず最初に言えるのは、ホストクラブの求人には嘘が多いので注意が必要です!

広告に「日給12000円」と書いてあっても、実際は7000円程度であったり。「都内の夜景が一望できる高級マンション寮」と書いてあっても、実際はワンルームの狭いアパートであったり。広告の待遇を鵜呑みにしてはいけません。

では、なぜ平気で求人広告に嘘を書くのか?実は求人広告に嘘を書くこと自体は罪ではなく、面接で本当の待遇を言えば大丈夫なんです。法律の隙間を狙ってます。

とにかく、最低でも面接に出向いて判断してください。気になるお店を事前にチェックし、面接で本当の待遇を聞き、体験入店しお店の雰囲気を確認し、どこのお店が一番自分に合ってるのか?しっかり考えてからお店を決めてください。最初のお店を何となく決めては、後から後悔します。

それでは、お待ちかねの、ホストの実際の給料の実態ですが、2012年の現在では日給5000〜7000円、日払いは1000〜2000円までが多く、ノルマのないお店も増えてきてます。

引かれるものは寮生なら寮費、光熱費(ないところもあります)。交際費(ないところもあります)。旅行費(ないところもあります)。税金(必ずあります)。スーツを借りる人はレンタル代(無料のところもあります)。ヘアメイク代(無料のところもあります)。

ザっとこんなもんですかね?

やはりお店によってバラつきはありますが、日払いを貰わない人は13、4万。貰ってる人は9、10万ってとこが現実的でしょう。

昔はもっと給料体制にバラつきがありましたが、ここ最近はわりとまとまってきてます。

ノルマは永久にないお店もあれば入店から三ヶ月後から課せられるお店もあります。厳しいお店は新人からノルマがあります。

やはりお客さんがいなくては食っていけません。頑張ってお客さんを掴んでください。

儲からない時代なので、甘い気持ちのホストを始めるのは厳禁!営業職の会社に就職するぐらいの覚悟で飛び込んだほうが良い。

実際、今稼げてるホストたちも、ホストではなく営業の仕事さえしてればそこそこ稼げそうな人ばかり。昔だったらイケメンだったらとりあえず稼げたけど、今の時代は全然違う。

それと、仮に売れたとしても、良いお金の使い方ができない人が多いですね。なぜかホストたちの間で闇スロで遊ぶことが売れっ子ホストとしてのステータスになってるとこがある。

元々ホストはギャンブルが好きな方が多いので、闇スロなどで派手に遊ぶことで、変なとこで優越感もっとしまうのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です