キャバ卒業の理想と現実

スポンサードリンク

キャバ卒業の理想と現実もし自分がキャバクラで働くなら、引退する歳はいくつが理想ですか?現場で働いてる女の子はいくつでの引退を望んでると思いますか?

もちろん個人差はあります。今の生活が楽しくてたまらない子、お金が好きな子、夢の為に貯金してる子。

事情はそれぞれですが。卒業したい時期は「25歳」が圧倒的に多いです。

実はこの答え、OLの理想年齢と対して差がない答えなんです。やはり女性ということもあり、結婚という意識が強いみたいです。

さて、その理想と現実の差はいかがなるモノなのか。

そもそも夜の世界に入ってきた時点で、何か事情のある子が多いです。辞める理想の中には、その事情の解消が重点にくるのだと思います。

涙ながらに引退する女の子の裏側には、きっと沢山のドラマがあるのでしょう、頑張って欲しいです。

そこまで事情のない子、この世界が好きでキャバを始めた子は、「ババア」って言われる劣等感が怖いだけだと思います。

この仕事自体が嫌いなわけではないような気がします。(OLと変わらない意識だと思います。)

年齢の話ばかりで、若いうちに辞めたい具体的な理由が欠落してる気がします。

結婚はわかりますが、ここも昼のOLと変わらない意識だと思います。

女が夜の世界の男(ボーイやホスト)に偏見がある理由はわかりますが、

男がキャバ嬢に偏見がある理由は薄っぺらい(男の自分が言うのもおかしいですが)と思います。

特別に意識する必要ないと思います、「結婚が決まったら引退する」ぐらいの意識でいいと思います。

結婚しても上手くいかない、離婚率が高い、変な男に引っ掛かるって話は、

「キャバ嬢だから」ってわけではなく、その女の子が元々恋愛や結婚に向いてないだけだと思います。(OLも同じだと)

結婚して引退して幸せになったキャバ嬢はいくらでも知ってます。

昼の仕事してる友達と結婚の話をしてみましょう、「あぁ、夜の世界と大差ないな。」と思うはずです。

社会復帰の話はどうでしょう。

社会復帰ということより、「お昼の世界に戻る」ってことですね。

これは結婚と違って、そもそも夜の世界に入る前に考えることだと思います。

年齢以前に意識の問題だと思いましが。。

銀座などの年齢層が高いって話ですが、それは合ってます。

けど、あの街は誰でも楽しく働けるわけではありません。

銀座で楽しく働ける女の子は、若いときから自分の接客技術を成熟させるために頑張ってきた子だと思います。

若いうちに、若さだけで仕事してきた子には正直キツいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です