鹿島学園高校野球部の喫煙。校長の不祥事。OBに仲内隼矢主将

スポンサードリンク

鹿島学園高校野球部の喫煙。校長の不祥事。OBに仲内隼矢主将鹿島学園といえば、
茨城県が誇る野球の名門ですが、
最近ではパッとする成績を残していません。

甲子園に近い鹿島学園ですが、
在籍してるメンバーの多くが県外出身で、
かなり野球部に力を入れてる様子です。

そんな鹿島学園野球部も、
過去には喫煙などの不祥事がありました。

鹿島学園高校野球部の喫煙の不祥事

鹿島学園の不祥事は昨年の2月頃で、
5月まで試合ができない状態だったと言います。

鹿島学園(茨城)は部員の飲酒、喫煙で2月11日から3カ月、早良(福岡)は部員の喫煙で2月1日から4月30日まで対外試合禁止となった。:引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/news/1787000.html

同じ時期には同じく強豪の富山第一の、
監督の体罰などもありました。

高校野球と不祥事は関わりが深いですが、
強豪校であればあるほど勿体無いので、
その部分は、特に注意して欲しいですね!

スポンサードリンク

どんな高校?

鹿島学園は野球だけでなくサッカーも名門でしられ、
今までに多くのプロ選手を育成してます。

まだまだ歴史の浅い学園でありながらも、
勉強もスポーツもよくできたイメージです。

それでも少し前には、
71歳の校長に不祥事がありました。

その時に学園の詳細を、
某メディアが報じてました。

Jリーガーを多数輩出
鹿島学園は1989年開校されたが経営陣が2度変わり、予備校の早慶外語ゼミを経営していた余湖容疑者が1999年経営権を得て経営に乗り出した。

「もともと農業や建設関係などの仕事を転々として、苦労人から教育畑に入った人物。しかし経営の才能はあったのかスポーツの強豪校として学校を育てあげた。しかも生徒らの勉学指導も熱心で今年は東大合格者も出したほとだ」(教育関係者)

しかし、それだけの経営手腕を持ち、自ら叩き上げ人生から学校経営者になっただけに激しい一面も持ち合わせていた。

「学校経営を引き継いだときには大胆な教員リストラを行い、教職員らと何年も対立した。そこを乗り越えてスポーツ強豪校を作り上げた」(同)引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/9994289/

内部では色々あったみたいですが、
そこはどこの私立も似たようなものです。

それでも1つ問題が起きると、
それは大きく報じられてしまうのはかわいそうなことです。

この先はスポーツでも勉強でも、
日本が誇れる学校になることも考えられますが、
頑張りすぎはよくないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です